自転車のヘッドライトを明るくする方法

夕暮れや夜道でヒヤリ!誰かにぶつかりそうになる前に、自己防衛。自転車のヘッドライトを明るくするアイデア、手段を集めてみました。

サイトトップ > なぜ、明るいヘッドライトが必要か?

スポンサードリンク

自転車のヘッドライトを明るくする方法

なぜ、明るいヘッドライトが必要か?


最近ではさすがに無灯火で走行する自転車は少なくなりましたが、明度はひとそれぞれ。やっと識別できるかできないかのおぼろげなライトから、思わずパッシング(こっちは車じゃないけど)したくなるような強烈ギラ光まであります。


なかには尾灯に規定されている赤色灯をヘッドライトにつけている困ったちゃんまでいる始末。また都道府県でも自転車のヘッドライト規定はまちまちで、一例を挙げれば東京都は10メートル先まで見える明るさ、神奈川県では5メートル先までなんだそうです。


いずれにしても自転車のヘッドライトは運転者みずからを交通事故や転倒などのケガから守るだけではなく、歩行者に存在を認識させ接触・追突事故を避けるための実に重要な役割をもつ必須ファンクションです。おぼろで頼りない灯りではほとんどなんの意味もなさず、この機にご自分の自転車に装備しているヘッドライトをチェックしてみることをぜひおすすめします。


もし心もとない光なら灯りを強化して、自分の安全とともに他人の安全も守りましょう。ヘッドライトを明るくすることは、常識的な市民の義務とさえいえるんです。ハイテクヘッドライトも多数出そろい、チョイスの幅もかなりのものです。


自転車のヘッドライトを明るくする方法

MENU



スポンサードリンク